ver.2.5.8

ver.2.5.8

jsonで管理するパラメータを拡張。

  • ejsファイルで設定していた連想配列paramを丸ごとvariables.jsonに格納
  • 呼び出しにファイル名をを使用するのでgulp-dataを追加。この処理でファイル名をキーにしてvariables.jsonparamの中から探す
  • ついでにbodyタグとmainタグに出力するページ識別用クラスを決め打ちではなく、上記のファイル名を使った出力に変更